「SIMフリー」・「格安スマホ」でこんなにオトクに!

最近話題の「SIMフリー」って、皆さんは知っていますか?
総務省指導のもと2015年5月から、携帯キャリア(ドコモなどの携帯電話事業者)によるSIMカードロックを解除することが義務化されました。これに伴って、「格安SIM」や「格安スマホ」に注目が高まっています。

月額料金が4000円〜5000円安くなる?!

料金比較

大手通信キャリア3社の通信料金は基本的にどこも似た料金体系になっており、各社「使い放題」プランと「パケットパック」の料金サービスを提供しています。この「パケットパック」と同等のサービスを格安SIMで比較した場合の図が上記の図です。なんと、月額料金は4,000円〜5,000円程度と大きく下がり、2年で10万円程度の差が出るのです。

格安SIM・格安スマホおすすめランキング

UQモバイル
5
月額費用¥980(3GB)〜
利用ネットワークauネットワーク
UQモバイル

auネットワーク利用業者なので、au端末のSIMロック解除なしにauのスマホ代金を下げることができるMVNO業者です。「格安SIMアワード2015」の通信速度部門で最優秀賞を受賞し、通信安定度でも高い評価を得るなど通信安定性で非常に評価の高い業者です。ネット申し込みのMNPでも即時回線切り替えでスマホが使えない時間がないのも魅力です。


BIGLOBE SIM/スマホ
ドコモのスマホですぐ使える!パケット繰越しでムダがない!
BIGLOBE SIM/スマホ
4
月額費用¥980(3GB)〜
利用ネットワークNTTドコモネットワーク

SIMフリースマホだけでなく、NTTドコモのスマートフォンであればSIMカードを交換するだけで月額料金を節約できます。使い切れずに余ってしまったデータ通信容量を翌月に繰り越せムダがなく、運営も大手業者なので安心です。しかもBIGLOBEのWifiサービスが無料で利用できます。


U-MOBILE(ユーモバイル)
U-MOBILE(ユーモバイル)
3
月額費用¥790(1GB)〜
利用ネットワークNTTドコモネットワーク

格安SIM・格安スマホ提供の業者の中でLTE回線の使い放題プランを提供しているのがU-MOBILEです。格安料金で快適なネットワークが使い放題できます。また、「ダブル定額」のようにデータ利用料に応じて2段階の値段設定になっている「ダブルフィックス」プランもあり、自分の用途に応じて料金プランを使い分けることができます。


4
Y!mobile
Y!mobile
3
月額費用¥3,980(3G+通話無料)
利用ネットワークY!mobole+Softbankネットワーク

Willcomとイー・モバイルが合体してできたのがY!mobileです。SoftBankグループなのでSoftBankのネットワークも利用可能です。他者は音声通話は従量課金なのですがY!mobileは10分以内の音声通話は使い放題なので特に音声通話の多い人にはメリットが多いと言えます。また、SoftbankのWifiも無料で利用できるため月額以上のメリットがあると言えます。最新端末価格の割引が大きいのも魅力です。


5
TSUTAYAのスマホTONE
TSUTAYAのスマホTONE
3
月額費用¥1,000(使い放題)
利用ネットワークNTTドコモネットワーク

当サイトで紹介している中で一番個性があるのがTSUTAYAのスマホTONEです。月額1,000円でネットと電話(IP電話)が使い放題と、単純明解な価格設定で、SIMのみの提供はなく必ず端末とセットで購入する必要があるものの、端末価格と合わせても月額2,000円でスマホが利用できます。子供向けの機能制限が充実していたり、お年寄り専用の画面にできたりと、子供やシニア向けに利用するにも最適なサービスです。

格安スマホを使う方法

格安な通信料金で通信できるいわゆる「格安スマホ」なのですが、一体どうすれば格安な通信料金で利用できるようになるんでしょうか?
大きく3通りの方法があります。

  • 格安スマホを購入する
  • 現在利用のスマホのSIMカードを格安SIMカードに差し替える(SIMロック解除なし)
  • SIMロック解除可能な端末ならSIMロック解除して格安SIMカードに差し替える

格安にスマホを使いたい場合でも必ずしも携帯を「格安スマホ」に買い換えなくても格安SIMカードに差し替えることで通信料金を安くできるのです。
ちなみに、SIMロックを解除するには比較的新しい対応端末しか対応できず、所定の手数料がかかりますが、解除すればどの格安SIMでも利用できる可能性があります。
またSIMロック解除なしで格安SIMに差し替える場合、端末の回線会社と同じ回線を利用してる格安SIM・格安スマホ業者を選ぶ必要があります。格安SIM・格安スマホ業者を比較する際もその点もチェックするようにしましょう。

キャリア別格安SIM適用状況

現在の格安スマホ・格安SIM業者のほとんどはNTTドコモの通信ネットワークを利用しています。従って、お使いの端末がドコモの端末であればほとんどの業者の格安SIMが利用出来る可能性があります。
ただし、UQモバイルはauネットワーク利用業者ですのでau回線端末しか利用できません。

利用キャリア 格安SIM利用可否
NTTドコモ ほとんどのSIMが利用可能
au UQmobile・mineoのみ利用可能
ソフトバンク 一部の端末のみ利用可能

ソフトバンク回線利用端末に関しては現状SIMロック解除を行わずに差し替えるだけで格安になる格安SIMは存在していません。通信規格はドコモと同じためSIMロックの解除を行えばドコモで利用可能な格安SIMカードが使用することができます。
ただ、SIMロック解除を行えるのは一部のAndroidスマホのみになり、それ以外はSIMロック解除できないため機種変更もしくはMNPによる乗り換えを模索することになります。

大量の“2年縛り”終了で格安SIM・格安スマホがさらに注目

2013年の夏から秋に振り返ると、NTTドコモがGalaxyとXperiaの「ツートップ戦略」を打ち出して販売を強化。またドコモは世界的に大ヒットを記録したAppleの「iPhone 5s/5c」の販売にも参入し、ドコモ、ソフトバンク、KDDI(au)による激しい顧客獲得競争がピークを迎えていました。

この時期にスマートフォンを新規契約、機種変更したユーザーの多くは、料金の割引や端末代金の値引きと引き換えに“2年縛り”の適用を受けており、今年の夏から秋にかけてはこの“2年縛り”を終了するユーザーが大量に発生します。今の料金プランなどに不満があるユーザーは、“2年縛り”が終わり違約金を支払う必要がない更新月に新たな選択肢を模索することが予想されます。
こうした中で注目されているのが、大手携帯キャリアの通信回線を借りて格安の料金・独自のサービスでSIMカードを提供している事業者(MVNO:仮想移動体通信事業者という)が販売している格安SIMカードなのです。
携帯電話契約数の成長率が毎月1%を割る中で、格安SIMカードの契約数成長率の予測は年25%を超えており、今後大きな市場になることが見込まれています。

格安といえども通信回線はドコモやauと同じLTE回線が利用でき、またMNPを利用すれば電話番号もそのまま利用できるため、キャリアメール(spモードメール)が使用できなくなるなどのデメリットもありますがgmailなど他の手段で対応も可能なため不便さはあまり大きいとは言えません。

格安SIM・格安スマホ比較のポイント

各社格安SIM・格安スマホに参入し、価格競争が激しくなっています。利用する側から見るとメリットのある話ですが、格安SIM・格安スマホを比較する際のポイントは価格以外に気にするべきポイントとして通信品質が挙げられます。どのMNVO業者も元々借りている回線はNTTドコモかauのネットワークになりますが、エリアは当然全く同一になりますが、通信品質がNTTドコモやauと全く同じかというと答えはノーになります。
MVNO業者はNTTドコモかauから一定の帯域を借りる形になり、ユーザーが増えて借りている帯域が足りなくなってくると回線が混雑してスピードが遅くなるのです。
なので、格安SIM・格安スマホを利用するにあたって大量のデータ通信を行うつもりがある場合などは比較軸として通信品質も気にするとよいでしょう。
現状では総じてドコモネットワーク利用の格安SIM・格安スマホ業者よりauネットワーク利用の格安SIM・格安スマホ業者のほうが快適に通信できているようです。
また、そういう意味ではUQmobileやY!mobileなどのキャリア系の業者のほうが安心かもしれません。